ぶっちゃけ、会計士の忙しい時期っていつ頃?

こんばんは!

今日は、会計士の業務に関して投稿していきたいと思います。

会計士目指されている方、目指そうと思っている方はご参考にください!

About Me☺️

私は大学時代、2年間の勉強を経て、

難関国家資格の一つである公認会計士の資格試験に合格いたしました。

今は、現役会計士として、各地のクライアントを飛び回っております。



会計士の仕事が忙しい時期はいつ頃なの?

結論から言えば、これは担当している会社によります

多くの会計士は、公認会計士試験合格後、監査法人とよばれる組織に所属します。

監査法人内でも、どんな業種を担当したいかにより、担当する会社、主な決算監査期が異なってくるのですが、

基本的に多くの会社は3月決算、もしくは12月決算であることが多いです。

そのため、必然的に4、5月もしくは1、2月が繁忙期である方が多いです。

例えば、3月決算の会社を持っている会計士は、必然的に4月、5月は忙しくなります。

金商法適用している会社だと6月まで忙しいこともよくあります。

つまり、会計士になった後決まる担当の会社によって繁忙な時期が決まると言っても過言でありません。

Tomo

繁忙期は辛いけど、その分休暇はまとまって取れるのが会計士の魅力☺️

例えば、3月決算を担当している会計士は、8月に長期休暇を取ることが多いです。

私も入社一年目から、8月は18連休を楽しみました(^^)



忙しいって言っても、残業は最大でどれくらいしているの?

さて、晴れて正式な会計士となって、初めての繁忙期!

初めての繁忙期なのでわからないことも多く不安なことも多いですが、

新しいことに挑戦する気持ちが高まり、楽しみな気分になってくることも多いと思います☺️

でも、いくら初めての仕事が楽しみとはいえ、

健康を害するようほどの残業はしたくないというのが本音だと思います。

ズバリ残業はどれくらいしているの!?っていう質問に対する答えですが、

これも担当している会社によります。

例えば、上場会社で売上もそれなりに上げている会社だと、自然と監査規模も大きくなり、

月に80時間の残業ということも多々あります。

毎月そんなに残業するの!?とびっくりされる方もいらっしゃるかもしれませんが、

あくまで繁忙期の話です👌

決算監査じゃない時期は、若手のうちだと月残業が20時間以下であることが多いです。

担当している会社の規模によって、残業の時間が変わってくることは確かですね笑

3月決算期は、ゴールデンウィークもなく、気づいたら春が終わっていたこともよくあります笑

4、5月は会計士にとっての一年の正念場であることが多いです。



忙すぎて、プライベートの時間取れないってことはない?

会計士になって、仕事が忙しすぎて、

プライベートの時間が取れないのではないか?と思われる方もいるかもしれません。

確かに、繁忙期に土日も出勤していて、プライベートはないみたいな人も周りにいたりはします。

でも、それはあくまで少数派。

私は、繁忙期、土曜出勤はあるものの、夜はプライベートの時間をしっかり取れておりますし、

閑散期の平日はスポーツジムに定期的に通っています☺️

会計士だからといってプライベートが充実しないというわけではなく、

あくまでも自分がどうプライベートを過ごすか、その考え方によって変わってくると思います。

土日疲れ果てて、一日中寝て過ごす方もいれば、

土日は自己研鑽やプライベートの充実化を図り、生き生きとしている方もいます。

そういった意味では、一般企業の従業員の方達と変わりはないと思います😌

Tomo

私は、平日仕事をする傍ら、休日はテニスやダンスに通っております。

定期的にジムに通ったり、ご家族との時間を過ごされている方も多く、

会計士になったからといって休日も仕事ばかりといったことはありません☺️




さて、いかがだったでしょうか。

会計士は、安定した職である傍ら、

担当である会社の決算監査期は特に残業がかさんでしまうというのは事実であります。

でもプライベートは充実させている方が多いのも確かであります☺️

それではまた!

お気軽にシェアください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


プロフィール


Tomo

Big4勤務の公認会計士です。
外資系会社の監査を専門としています。
主に監査法人での業務内容について投稿しています。
趣味は、テニス・ダンス・ギターです☺️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。