当てはまっていれば危険⚠️ 干されやすい公認会計士の特徴3選

こんばんは! 現役会計士のTomoです。

Twitterやコミュニティーサイトで、

ジュニア会計士
アサインがないんだけどw 俺、干されたわw

というつぶやきを目にすることがあります。

監査法人で干されてしまうと、

・仕事を振ってもらえない

・事務所でコピーやPDFをひたすら取らされ続ける

といった事態となります。

しかし、監査法人で働いたことがなければ、

新人会計士
まじめに働いていても干されることってあるのかな??

と不安に思う人がいるかもしれません。

今日は、

監査法人で干されたくない人

監査法人で干されないためにはどうすれば良いのか知りたい人

を対象に、

監査法人で干される人はどういった人なのか、その特徴について投稿して行きたいと思います☺️

Tomo

Big4勤務の公認会計士です。 外資系会社の監査を専門としています。 主に監査法人での業務内容について投稿しています。 趣味は、テニス・ダンス・ギターです☺️




特徴① 態度が横柄、上目線

態度が横柄、上目線の人は、干されやすいように思います。

というのも、監査はチームで行うもの。

チームのマネージャー、インチャージとは、

毎日と言っていいほど関わります。

そして、

どんなに仕事ができない人だ、と思っても、

キャリア年数では、先輩である方々です。

言葉遣いには、

ある程度気をつけなくてはなりません。

ですので、たとえ調書等の成果物が、

自分のものより劣って見えたとしても、

新人会計士
汚い調書作りますねw なんであなたにレビューされてるんでしょうか?

など、上目線な物言いは慎むべきです。

じきに干されてしまうからです笑

というのも、

インチャージがアサイン日程を決めるので、

もしインチャージから嫌われてしまうと、


アサインをしてもらえない

アサイン日でも指示がなく、手待ちが多い

という状況になります。

そうなると、どんなに仕事ができたとしても、

目につく奴と嫌厭されて、

最終的には干されてしまうのです。

また、クライアントに横柄な態度をとり、

干されてしまう人もいます。

監査法人 新卒会計士が気をつけたいこと4選

でも投稿したことがあるので、ご参照ください。




特徴② 仕事が雑である

あなたがおおざっぱな性格であれば気をつけなくてはなりません。

というのも、

監査は、信頼性がなんぼの仕事だからです。

もし、

重要な虚偽表示を見過ごすことがあれば、

会計士自体の信頼が揺るぎかねません。

ジュニア会計士の頃は、

インチャージより指示されて業務を行うことが多いです。

私がJ1の頃、

監査結果説明のスライドをドラフトした時、

インチャージ
Tomo君、スライドのフォントがバラバラで、文字の大きさも統一されてないよ。もし、Tomo君がレビューワーだったら、どう思うかな。雑な仕事をしてると、信用失って仕事任せてもらえなくなるから、今後気をつけてね。

と言われたことがあります。

インチャージは、

丁寧に仕事をやってくれるスタッフに、

仕事をお願いしたい

もし、スタッフに作業をお願いしても、

完成物が誤りだらけで、

信頼の置けないものだと、

自分の首を締めることになるから。

そうであれば、

チームから外したい。

アサインしたくない。

という流れになるわけです。

仕事は丁寧にやることが干されないためには重要です。




特徴③ ものをよくなくす

会計士は、機密性の高い情報を扱う職で、

ものを保管することがとても大事です。

もし、重要な書類をなくしたら、

チームメンバーともどもクライアントに謝罪

という重大事につながりかねません。

チームで干されるどころか、

法人から処分を受ける可能性すらあります。

ジュニア時代は、クライアントの重要な書類を保管する役割を任されることが多いです。

一度、ものをなくしやすい人と看做されると、

信用を失い、仕事を任せてもらえなくなることも。。。

書類の管理はしっかりと行いましょう。

Tomo
以下のものは、なくすと大変な事態になります。。。

・PC

・原本(テスト証憑、確認状、経営者確認書など)

・公表前の財務諸表

・議事録




とはいえ、干されること自体がほとんどない

干される人の特徴を述べてきましたが、

そもそも監査法人で干されること自体が稀です。

というのも、

監査法人は人手不足に悩んでおり、

よっぽどの会計士でない限りは、

干されることはないからです。

ですので、

真面目に監査業務をこなしていれば、

干されることはないのでご安心ください。

もしあなたが干されてしまったならば。

とはいえ、干されてしまったとしたも、

会計士としてのキャリアは終わりではありません。

具体的には、

・転職する

・パートナーやカウンセラーと話しあって問題を解決する

の選択肢があります。

それぞれ具体的にみていきましょう。

転職する

何も監査法人のフィールドのみで働くことが全てではありません。

あなたの個性を大切にしてくれる会社も他にはあるはずです。

それよりも自分に合わない会社に所属して、

あなたの価値を発揮しないまま過ごす方がもったいないです。

しかも、事業会社に転職が決まると、

監査法人時代よりも年収がアップした!という話もよく聞きます☺️

迷ったら、転職エージェントに登録してみて、

あなたにあう転職先を見つけてみてください!

3ステップで登録可能なので、ぜひこの機会に登録してみましょう!👍

パートナーやカウンセラーに相談してみる

監査チームには、必ずパートナーという役割の人がいます。

パートナーに相談すれば、

マネージャーやインチャージに話を持ちかけるのが楽になる上、

解決策を生み出すことができることが多いです☺️

最初は勇気のいることですが、

干されることに病んでしまったりする方が一大事です。

困ったら、パートナーに早く相談してみて、

問題を解決する策を一緒に考えてもらうことも大切です☺️

補足とはなりますが、

干されているという現状に対して、

以下の「ORIGINALS」という本は、

仕事への姿勢や考え方、自分の強みをあらためて知ることができる良書になると思います☺️

私も一年目の頃、よくインチャージに叱られていて、

何度も転職したいと思っていましたが、

この本を読み、自分の働き方を見つめ直すことができました。

結果的に自分が未熟であったことを悟り、

今ではその上司とも仲良く仕事をやっています☺️

すぐに転職する! チームを外れてやる!と何も考えずに即決するのも、

キャリアの機会を逃しているようでもったいないです。

一度手に取ってみてください!👍

「干される」と「評価されない」はまた別の話

逆に、干されてはいないけれど、

社内で一定の評価を得たいと思っている方は、

監査法人でのスタッフの評価軸について、

監査法人で働いてみて、優秀だなと思った会計士の特徴4選

で投稿してますので、ご参考にください!

新人会計士
そもそもaiに代替されて、用無しにされてしまうことはないの??

と気になった方は、

公認会計士がaiに代替される!? 会計士はもうオワコンなのか?

も見てみてください!☺️

Tomo
ちょっとの失敗は新人につきもの。私もたくさん失敗しましたが、干されることはありませんでした☺️




まとめ


監査法人で干されること自体が稀 真面目に取り組んでいれば干されることはない

態度が横柄、仕事が雑、ものをよくなくす人は干されやすい

何も監査法人だけが働くフィールドではない(転職もあり)




お気軽にシェアください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


プロフィール


Tomo

Big4勤務の公認会計士です。
外資系会社の監査を専門としています。
主に監査法人での業務内容について投稿しています。
趣味は、テニス・ダンス・ギターです☺️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。